剣道選手にとって腰痛の症状はつきものですが、それが選手寿命を左右していると言っても過言ではありません。

健康でいるために必要な保険について
健康でいるために必要な保険について

腰痛の症状の度合いが剣道の選手寿命を決める!?

年齢が上がるにつれて、目に見えて身体的な衰えを感じることが多々あります。
運動をした翌日に疲れが抜けなかったり、ケガが治りにくくなったり。それは仕方がないこととはいえ、やはり少しショックなことであるのことには変わりありません。これはスポーツ選手には、選手生命と直結する大事な問題であると思います。
体力の衰えや、持病・古傷の悪化が原因で現役を退く人は数多いと思います。


それぞれのスポーツには職業病と呼ばれるような、慢性的な症状があると思います、有名な所で言うとテニス肘やサッカー選手に多いグロインペイン症候群などが挙げられると思います。
私の専門種目は剣道でしたが、剣道につきものなのが腰痛。剣道は足での踏み込み動作が伴いますので、その際膝や腰に強い負担がかかります。
そして、特に多いのが腰のヘルニアです。
腰は字で書く通り、体の要です。
どの動作を行うにも腰なしでは行えません。そのような腰は、剣道選手の選手寿命と密接に関係しています。
動作を行う際、腰の痛みが原因で思うように動くことができず、引退を考える選手もいるほどです。
生涯剣道という言葉があるように、小さい子どもからお年寄りまで行えるのが剣道の魅力と言われていますが、このような症状が悪化すれば、長く続けていくことは難しいかもしれません。

何を行うにしても、健康が一番。それはスポーツ選手にとっても同じだと思います。
自分の体ときちんと向き合い、多くの選手に長く活躍してもらいたいと思います。

 比べてお得!



Copyright(c) 2017 健康でいるために必要な保険について All Rights Reserved.