腰痛の症状を緩和させるためには、ストレッチ体操などをしながら腰を柔らかく保つことが大切です。

健康でいるために必要な保険について
健康でいるために必要な保険について

腰痛の症状を緩和するためのストレッチ

腰痛といえば高齢者がなるものだと言われていました。

しかし最近ではパソコンでのオフィスワークで一日中同じ姿勢を続けている若者たちもまた腰痛の辛い症状に悩まされているようです。
もともと人間の体は一日中椅子に腰掛けるようには作られていません。それどころか、二足歩行すら実は無理のある姿勢で行っているようです。
そのため、人類が二足歩行をはじめた時から腰痛というのは人類と切っても切れない付き合いになってしまいました。
腰に負担のかかる姿勢を続けていれば、高齢者でなくとも子供ですら腰痛の危険性はあります。
なので、なるべく同じ姿勢を続けないことが一番望ましいのですが、仕事や勉強に夢中になっている時にはついつい長時間同じ姿勢を続けてしまいがちです。

腰痛になってしまったら、症状が軽い場合にはストレッチ体操などを行って腰周りの筋肉をほぐしてあげることが効果的です。
具体的には、椅子に座っている状態で腰をまっすぐに伸ばしてみたり、後ろ側に体を反らしてみると良いようです。
自分の腰にとって気持ちいいくらいの付加をかける姿勢をしてみましょう。また、体全体が凝っている場合には腰の筋肉だけを伸ばしても効果が薄いですから、立ち上がって体全体をほぐすように心掛けると良いです。
日頃から体を柔らかくするようなストレッチ体操をすることも効果的です。
体が柔らかいと筋肉が強張りにくくなるので、手の空いた時間を利用するなどして体をほぐす機会を増やしましょう。

 比べてお得!



Copyright(c) 2017 健康でいるために必要な保険について All Rights Reserved.