腰痛の症状が出た場合、ヘルニアのように手術を必要とする場合も、内臓疾患が原因である場合もあります。

健康でいるために必要な保険について
健康でいるために必要な保険について

腰痛の症状は甘く見てはいけない

座り仕事の人は腰痛になりやすいようですね。私も座り仕事が長くなると、腰痛になります。
ぎっくり腰は過去に二度ほどやっていて、癖になってしまっているようです。
腰痛にもいくつか種類があり、有名なのは私がなったぎっくり腰、それからヘルニア、あとは簡単な、本当にスタンダードな腰痛でしょう。この最後の腰痛は運動不足などで筋力が低下した結果、腰にかかる負担を軽減できずに起きるものです。
ぎっくり腰は重いものを持ったり、急に身体をねじったり倒したりすると、ぎくっ!と来ます。
これがくると腰が動かせなくなります。
動かすと激痛が走るのです。
ヘルニアは正式名称を椎間板ヘルニアと言いますが、これはひどくなると手術を必要としますので、注意が必要です。

腰痛で病院に行くと、まず発生時の状況と症状を訊かれます。
だいたいそれでぎっくり腰かヘルニアだな、とわかるようです。
ぎっくり腰でない場合は、ヘルニアのように患部に何かの問題を抱えていることになりますから、レントゲン等で確認されます。
リウマチやすべり症の人もいるそうですから、ただの腰痛だし放っておけば治る、などと思わないようにしましょう。下手をすれば日常生活に支障が出たり、長時間座っている仕事ができなくなったりします。
また、腰痛と思わせておいて内臓疾患だった、というパターンもあります。
重いものを持ったわけでもないのに激痛がきた場合、胃や腎臓が原因だったりするのです。
放置しておくと危険ですので、腰痛になったら医者に行き、状況と症状を説明して原因を見極めてもらいましょう。

 比べてお得!



Copyright(c) 2017 健康でいるために必要な保険について All Rights Reserved.