わたしは腰痛の症状が出た時は、椅子から立ち上がって散歩したり、家族にマッサージしてもらったりすると和らぎます。

健康でいるために必要な保険について
健康でいるために必要な保険について

腰痛の症状が出始めてからの話。

わたしは、大学に入学した頃にはまだ腰痛というものを感じた事がありませんでした。
それは、腰痛というものがどういったものなのか、あまり気にも考えもしていないくらいでした。

しかし、大学で講義を受けて単位を取って行き、進級して行く中で座っているのが辛いと感じる瞬間が出てくるようになりました。
それが、大学四年生になり始めた頃でした。
そして、その座っているのが辛いと感じる原因が最初はよく分からなかったのですが、わたしが所属していた学科はパソコンを使って学習をするという事がメインでしたので、次第に椅子に座り過ぎて腰が痛いためだという事に気が付きました。
これが、初めて腰痛の症状を自覚した時の話です。

そして、大学を卒業してIT企業へと就職した訳ですが、ここでもパソコンを操作する仕事をメインとしていたため、腰痛の症状が発症する機会が何度もありました。
それは、椅子に座っている事が困難になるくらいだったのですが、幸いにしてわたしが勤めていたIT企業は20分や30分程度なら自由に休憩時間を取る事が出来るところだったので、わたしは腰痛の症状が出る度に休憩を取って席を立っていました。
そして、その椅子から立っている間はお手洗いに行ったり、少し外を散歩してみたりしたのですが、そうする事で腰痛の症状を一時的にですが和らげる事が出来ました。
また、仕事が終わった後にはお家で家族にマッサージしてもらう事があったのですが、それも腰痛を和らげるのに効果がありました。

 比べてお得!



Copyright(c) 2017 健康でいるために必要な保険について All Rights Reserved.